サイトマップ

ドッグフードの種類

ペットを飼うことが一般的になった現代、ペットは家族の一員として扱われることが増えています。動物病院も増加し、病気の治療が一般的になったためペットの寿命も長くなり、ペットの健康管理も大切になっています。人間と同じように毎日の食事も様々変化しており、最近ではスーパーマーケットやホームセンターには多くの種類のペットフードが並んでいます。

ドッグフードを例に考えていきたいと思います。ドッグフードのタイプは大きく分けて5種類ほどあります。まずドライタイプは最も一般的で、水分が10%ほどに保たれた固形のもので、カリカリしています。加熱発泡処理されたものが多く、長期保存が可能なため便利です。ソフトドライタイプはドライの半生タイプで、水分は30%ほどに保たれており、湿潤調整剤が使われています。セミモイストタイプは水分30%ほどのもので、発泡処理ではなく、押し出し機などで製造されています。セミモイストタイプにも湿潤調整剤が使用されているため、しっとりしています。ウェットタイプはは水分が75%ほどで、殺菌工程を経た肉や野菜を缶詰やアルミトレー、レトルトパウチにつめたものです。ウェットタイプは開封したら長期保存はできないため、すぐに使用しなければなりません。

それぞれのタイプのドッグフードは犬の年齢や種類によって様々な種類が製造されています。犬の好きな味のものや、それぞれを組み合わせて、好みを探してみてください。